NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)と有の瞑想

2019年10月24日BLOG, 瞑想

バリ島でのRYT200は、昨日で12回目。ちょうどフルムーンだったから夜は、参加者のyoginiたちとキールタン&カカオセレモニーに行き歌って踊ってはしゃぎ倒してきました。我を忘れる。神と繋がる。にゃむ。
さて、今日はNVCをどのように瞑想に応用しているかを書く。

心理療法にもヨーガの哲学にも行き止まりがあると思っていた私にとって、NVCのシステムは、目からうろこだった。「こんなにも深く自分と繋がることができるとは!」「こんなにも深く他人と繋がることができるとは!」言葉どおり、自分も相手も傷つけないコミュニケーションがNVCであった。

私が作っていた有の瞑想の方法の一部は、NVCの方法と非常に近かった。その上、以前の有の瞑想ではなかなかうまくいかなかった”本当の自分の心”と繋がる方法が、NVCでは体系だっていた。そこでこのNVCを有の瞑想に応用することにしたのだ。

有の瞑想の最初のステップは、心を知ることである。その方法として、まず認知行動療法を用いて表面的な心を整理していく。次に、NVCを用いて表面的な心をさらに整理していく。すると最後には、高速処理されていた一連の心の動きのアウトラインが見えてくる。私たちは通常外部とのコニュミケーションに言動を用いる。言動とは、話すこと動くことだ。その言動には、理由がある。この理由が一連の心の動きなのだ。

NVCの応用時には、すでに準備しおいたエピソードがある。そのエピソードは、事実と真実に別れて書かれてあり、真実の中には感情と思考が書かれてある。そして事実と真実をあわせると記憶になっているのだ。(ここについてはこちらのブログで詳細が読める。認知行動療法と有の瞑想

事実とは、誰にでも共通のことで、真実とは、事実に対する一連の心の動きである。
真実に対する一連の心の動きは、人それぞれ違う。だから真実は人の数だけ存在するのである。これらを整理していくのは3つのステップをもちいる。

ステップ1:事実を事実だけにする
最初の段階の事実には、私たちの真実がまだはいっている場合が多いのである。それは判断する言葉や、形容詞のような言葉である。例えば、「朝早く起きた。」というのは事実ではない。”早く”というのは、その人にとっての真実であって、誰もに共通ではない。ちなみに私にとっての朝早いは、3時半頃である。みなさんはいかがだろうか?
事実が事実だけになる、つまり感情ぬきで見えてくると、例えば複雑だと思っていた出来事が単純だったことに気づくこともある。

ステップ2:真実にはいっている感情とつながる
NVCには、感情リストが存在する。そのリストには、喜怒哀楽という単純な表現でなく豊富な表現がリスト化されている。自分の感情が豊かに表現できるようになると、より自分の心への理解が深まるものである。イライラする、ワクワクするというよく使う表現にも、実はいろんな感情があるものだ。

ステップ3:感情背景に潜在的にもっている本当の心をみつけ、自分と繋がる
NVCには、ニーズという項目が存在する。NVCのいうニーズとは、自分のぞんでいることである。それは、自己受容・繋がり・成長・などの単語である。ここは、私が目からうろこぽろりした一つである。欲望や希望とニーズは違う。心の底で求めているものがニーズなのだ。
例えば綺麗になりたい。と願う人のニーズが自己受容だったりする。この場合、綺麗になりたいという願いは、生まれたあとにストックしてきた自分の知識を使った方法なのである。この選択が、ネガティブな行為のルーティーンの原因になっている場合がある。その場合は、ニーズに気づかない限り心を変えることはできない。つまり、ニーズを知ることは、心を変えるために必要な鍵なのである。

このようにNVCを用いると一連の心の動きが見えてくる。その一連の心の動きは、自分の現生でのカルマ(原因・経過・結果)のルーティーンなのだ。簡単そうに思うがこのような心を偽りなく見ようとするのは本当に難しい。最初は防衛反応で本当の心が本当に見えてこないものだ。だからこの段階の有の瞑想を皆でする時には注意していることがある。それは、最初はただ心を見るだけであって、それを直そうと考える必要はないことだ。ただただ心を見る練習として最初は初めてあげることなのだ。そうしないと、心を見る練習をしている段階からすでに自分で自分の心をジャッジし始めてしまう。それに対して防衛反応が働くのだ。
もう自分を傷つけない。瞑想は、自分を幸せにするためにするものなのだ。

さて、有の瞑想は、まずここまでの説明のように心をあらわにする方法として認知行動量とNVCを用い、そのあとに実際の実践にはいっていくようにできている。ここからの実践方法はまた気が向いたら書くことにする。